2016年08月01日

タミヤ トヨタ86 制作日記 その4

ボディーにパールホワイトを吹き、1日乾燥させてからウレタンクリアーを吹きました。
3日間乾燥させてる間に、シャーシの制作に取り掛かりたいと思います。

今回は、友人にあげるので、ディスプレイケースの台座に固定しなくてはなりません。まずは、シャーシ3ヶ所に口径3mmのピンバイスで穴を開け、上側にエポキシ系接着剤でボルトを固定しました。

7CD4B442-382B-4F95-9438-CB4587199930.jpg

台座の上にシャーシを載せて、位置合わせをしてから、台座の方にも口径3mmのピンバイスで穴を開けました。

次は、シャーシの塗装です。まず、ホワイトサフを吹いてから、手持ちのクレオスの缶スプレーのホワイトパールを重ね吹きしました。ボディーと使用の塗料が違うけど、シャーシなんで、まぁ大丈夫でしょう。
それから、マスキングテープとマスキングゾルの格闘で、マスキングし終えるまでに2時間位かかりました(^_^;)

FC1EC6D5-FAF8-4AEA-800B-B9DAC8FF49B2.jpg

エアーブラシでブラックサフを吹き、それから、エナメル塗料のチタンシルバーを筆塗りしました。

53FDB06D-9A65-4543-9A7E-C4C5FD473F22.jpg

次に、リアサスの組み立てです。
ツヤありのブラックの缶スプレーを切らしてて無いので、ブラックサフを吹いてから、クレオスの半ツヤのクリアーを吹いて少しツヤを出しました。この方が実感的じゃあないですかねぇ?
ブレーキディスクは、ブラックサフ→クレオスシルバー→中心部をエナメル塗料のメタリックグレーを筆塗り→ディスク部にエッチングパーツをエポキシ系接着剤で貼り付けとしました。

CCCF9849-5CD7-4F07-B28C-20E5F74FE70D.jpg

今迄にも、多くの方々が指摘されてた様に、リアサスをそのまま接着すると、少し前寄りになってしまうので、リアサスを取り付けるダボ穴の後ろ側をリューターで削った上で、ボディーをかぶせてみて、位置決めをしましたけど、結構苦労しました(^_^;)

3DF188AF-87BC-40F4-BF0C-4EF69BDEB11A.jpg

後は、排気管とマフラーの取り付け前に、排気管はブラックサフ→タミヤ缶スプレーチタンシルバー、マフラーはブラックサフ→クレオスシルバーと変化を付けてみました。エナメル塗料のクリアーオレンジをドライブラシで擦り付けて、少しウェザリングをしようかなぁとも思っています。
取り付けは、瞬着でガッチリと固定しました。
それから、フロントアップライトとタイヤハウスとラジエーターを取り付けて、シャーシは完成です。

C1CD0D29-5FE1-4F62-9A55-0DCAEF2EEA6C.jpg






posted by 宮っ子 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タミヤ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

タミヤ トヨタ86 制作日記 その3

下地処理が完了したので、塗装に入っていきたいと思います。今回のボディーカラーは、ホワイトパールです。(今回は、2014年以降の一部改良型にしようと思います。前期型は、サテンホワイトパールってボディーカラー名ですが、確かこの型からボディーカラー名が変わった様な…。ちょっと忘れました。すみませんm(__)m)

まず、グレーサフを吹きました。

image.jpeg

次に、隠蔽力の高い、フィニッシャーズのファンデーションホワイトを吹きました。

image.jpeg

その後、クレオスの缶スプレーのホワイトを吹きました。

image.jpeg

更に、フィニッシャーズのパールホワイトを2度吹き付けました。

image.jpeg

画像では、パール吹いたってのが、イマイチ分からないですね〜(^_^;)
タグ:模型製作
posted by 宮っ子 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | タミヤ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

タミヤ トヨタ86 制作日記 その2

ボディーの整形の続きです。
0.15mmのラインチゼルで筋彫りをし、パーティングラインと縁のめくれを800番のペーパーで削り落としました。

次に、バンパーの接着です。
流石タミヤですね。今回もほぼぴったりと合います♪ただ、リアバンパーは、他の方々も言われてる通り、そのままでは、後ろ側だけスキマが出来るので、のりしろを少し小さくしました。
位置合わせしてから、クレオスの流し込み接着剤で流し込んで接着しました。

29F9176B-C658-48B7-9991-BA58B6911F0B.jpg

57313943-FB26-4E79-8F22-168AF0F04067.jpg

ただ、強度に不安があるので、短冊状に切って瞬着を浸したティッシュを上から貼り付けておきました。
(タミヤのBRZで、ボディーの磨き出しのときにバンパーが取れて、のりしろが折れた経験がある為)

C9E80F21-1722-448F-B601-5493B1261499.jpg

5C161275-E0AA-429D-9FC2-BCB5EBFB26FD.jpg

追記
ちょっと予定変更で、ボンネットを固定してエンジン工程を省略することにしました。
そこで、ボンネットを流し込み接着剤で接着し、エポキシパテを盛ってガッチリ固めておきました。

8BE82609-15DB-47FE-B166-3697F9551B06.jpg


posted by 宮っ子 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | タミヤ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする