2016年09月17日

タミヤ トヨタ86 制作日記 その10

まず、ドアミラーの塗り分けですが、マスキングした後、ブラックサフを吹きましたが、少し吹き込んでしまったので、コンパウンドで磨いて落としたのと、右側が若干、ブラックが足りなかったので、エナメル塗料のセミグロスブラックとフラットブラックを混ぜたものをシンナーで薄めにして、塗り重ねました。
塗り重ねたのがあまり目立たないので、まあ良かったです。

12DFF241-F71E-4905-B929-F8387AC71EDA.jpg

ボディーとシャーシを合わせて、タイヤを取り付け、マフラーカッターとリアスポイラーを取り付けます。

A76E9F85-FCCB-4290-B661-14A68F0F6FFC.jpg

次に、ルーフアンテナとドアの取っ手を取り付けます。
ルーフアンテナは、マイナーチェンジでスピンドル型に変更されてますので、プラリペアを整形して自作しました。もう一歩って感じですね…。

3A8A00CB-8D97-4EC2-986B-6592E3DE9ABB.jpg

FEE8B31B-E6FB-4F8F-8A83-29A90B606228.jpg

次に、ナンバープレートの取り付けです。
まず、エッチングパーツのプレートにメタルプライマーを吹き、それから、ホワイトサフを塗装後、更に半つやクリヤを吹きました。乾燥後、文字の部分にエナメルの墨入れ塗料を流し込み、半乾きで余分な所を拭き取りました。

DE242357-A485-4687-A009-A8E70610B53E.jpg

後は、トヨタのエンブレムのメタルマークを前後に貼り、仕上げに、スジボリ堂のガラスブライトでボディーを軽く磨いて完成です。

17F9928E-43E1-45D6-A1CB-7637001778F9.jpg

BAF37F36-8252-4E52-B867-825642CB367B.jpg


今回は、友人にあげるので、ディスプレイケースにちょっと手を加えて、固定しますので、もう少し続きます^_^





posted by 宮っ子 at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タミヤ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タミヤ トヨタ86 制作日記 その9

今回は、インテリアの制作です。

まず、フロントシートの背部分をエポキシパテで埋め、整形しました。

9D2F5487-F52A-43F9-9CDF-3DE32F0F6F12.jpg

今回の内装色は、レッドとダークグレーのツートンカラーの方ですので、まずは、レッドの発色を良くする為に、ピンクサフを吹いてから、モンザレッドにフラットベースとフラットブラックをほんの少し加えて塗装しました。
乾燥後、レッド部分をマスキングします。

EE6FC792-7CDA-40A5-A67D-59281D48C53D.jpg

次に、ジャーマングレーにセミグロスブラックを3分の2程度混ぜて塗装します。
フロントシートの背部分の赤ストライプは、レッドを塗装後、1mm幅のマスキングテープでマスキングして表現しました。
後、エッチングパーツのシートベルトバックルを追加しています。

FA2BF84F-F1E0-4473-A57A-9588E2EC9D3F.jpg


カーペットは、ジャーマングレー吹いてから、つや消しクリヤーを離し気味で吹きました。
リアトレイ上のストップランプとチャイルドシート用の固定具のフタは、セミグロスブラックで塗装しました。
あと、フロントシート同様、エッチングパーツのシートベルトバックルを追加しておきました。

1835D497-CBC0-4C44-B19D-4541CDEA00FE.jpg


インパネは、基本的には説明書の指示通りですが、今回は、マイナーチェンジ版の中期型?なので、変更点のインテリアパネルは、ハセガワのカーボンフィニッシュを貼りました。
エアコンのダイヤルは、エッチングパーツを上から貼り付け、ペダル類もエッチングパーツに交換しました。

AC594531-6E0D-4E9E-9BCD-BD343EEDF842.jpg


センターコンソールのシルバー部分は、今回も塗り分けに苦労しましたけど、なんとかキレイに塗り分けれました。

176BBD36-BF0A-4A3D-84BF-253A772BDDE6.jpg


ドアトリムには、説明書の指示以外として、スピーカー部分をエッチングパーツにし、始め、ブラックサフを吹いたのですが、網部分にまで塗料が詰まってしまったので、歯ブラシで落として、上からエナメル塗料のフラットブラックを筆塗りしました。フチのシルバーは、ラッカーシンナーでブラックサフを落としました。

CD8268A7-A098-4CE8-B1D4-75251D0471B3.jpg


後は、組み立てて、内装は完成です。


60076AC6-2AA0-4760-9DB7-39B28C6128CA.jpg


A46CE0FD-D450-4946-81E7-1C7F6CB9F962.jpg

もうちょっとで完成ですね。頑張ります^_^





posted by 宮っ子 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | タミヤ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

タミヤ トヨタ86 制作日記 その8

前回記すのを忘れてましたけど、タミヤのキットでは、ラジエーターグリルに付くナンバープレートベースが省略されています。別に無いままでも差し支えはないのですが、ディテールアップとして付けてみました。
この次に制作予定の、アオシマのロケットバニーの86のラジエーターグリルパーツのナンバープレートベース部分を型取くんで型取りし、ポリパテを流し込んで、乾燥後、整形しました。

03A19979-42B9-4BA2-8F11-4BCDED792464.jpg

既にボディーに接着してるラジエーターグリルパーツに当てがってみたところ、下に少し長過ぎたので削って長さを調節し、ブラックサフを吹き付け後、両面テープで接着しました。

8BCC4C6E-D0DE-4157-94A0-A52544FA3767.jpg


次は、ホイールの塗装です。
他の方々も言われている様に、直接エナメル塗料を吹き付けると、エナメルシンナーを綿棒に含ませて余分な所を拭き取る際に、下のメッキまで剥がしてしまう可能性があるので、先に、ラッカークリアーでメッキを保護した方が良いと思います。
まず、食い付きをよくする為、メタルプライマーを吹いてから、スプレー缶の光沢クリアーを吹き、一晩乾燥させました。
それから、エナメル塗料のガンメタルとセミグロスブラックを半々に混ぜて吹き付けました。

後は、エナメルシンナーを綿棒に含ませて、余分な所を拭き取っていきます。
拭き取りの際、残す部分も、少し剥がれちゃったので、面相筆でタッチアップしました。
真ん中のトヨタのエンブレム部分は、エッチングパーツを接着したのですが、うまくマークに沿って塗装を剥がせなかったので、結局、上からデカールを貼りました。
最後に、裏側のリムをフラットブラックで筆塗りしておきました。

38D579EB-ECBF-4282-B621-9DEEA0679C74.jpg

次回は、インテリアの制作です。








posted by 宮っ子 at 18:12| Comment(0) | TrackBack(0) | タミヤ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする