2015年10月02日

アオシマ トヨタ86 製作日記 その5

今回は、ウインドウ関係です。
結論から言いますと、他の方々もブログ等でおっしゃってる通り、結構苦労を強いられます。
ランナーから切り離してすぐに、ボディーにはめてみると、前後ともかなり反ってしまってるんですよね〜(-。-;
なので、リンク先の「くるまのプラモ製作記」のながせ様のブログ記事を参考に、前後とも、ウインドウと天井部分との境目にPカッターとデザインナイフで、スジを付けては曲げを5回程度繰り返しました。

image.jpeg

リアは、まだスキマが若干開いていたので、ボディーとウインドウの境目に、ハセガワのつや消し黒シートを貼っておきました。

image.jpeg

タグ:模型製作
posted by 宮っ子 at 12:41| Comment(0) | アオシマ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

アオシマ トヨタ86 製作日記 その4

こんにちは〜(^^)
今回は、ボディー塗装の巻。
まず、パーティングラインを削り取ります。サインペンでパーティングラインをなぞった後、800番のペーパーをかけて、ヒケも所々あったので、600番と800番のペーパーで修正しておきました。次に、タミヤのホワイトサフを吹きました。
次は、いよいよ、ボディーカラーの塗装です。まず、2層目のオレンジから吹きます。クレオスの、オレンジ47%、シャインレッド39%、色ノ源イエロー14%、色ノ源シアン2滴の割合で調色しました。
image.jpeg
まず、バンパーをまだ取り付けない状態で、ボンネット内部、ボンネット裏側、トランク内部から吹き始めて、4回目以降は、仮止めして塗装をしています。5回程度重ね塗りをしました。

1日くらい乾燥させてから、雲母堂本舗のパール粒子のFGオパールオレンジをクレオスのスーパークリアーIIIにGXクリアーオレンジを少量加えたものに混ぜて、4回程度吹き付けました。
image.jpeg

更に、1日くらい乾燥させてから、クリアー塗装に入ります。使用しているクリアーは、ガイアのEXクリアー。肉厚があり、乾燥が早いので、最近はこのEXクリアーか、フィニッシャーズのオートクリアーを使用しています。
余談ですが、ガイアのEXクリアーとフィニッシャーズのオートクリアは中身は全く同じな様な気がしますけど、どうなんでしょうかねぇ?
まず3回吹き付け、1500番のペーパーで研ぎ出し、更に少し薄めてから、オーバーコートをしました。

2日乾かしたのち、研ぎ出しとツヤ出しをします。まず、2000番のペーパーでゆず肌がなくなるまでヤスリ掛けをし、コンパウンド(クレオス)の細目→極細→ハセガワのセラミックコンパウンド→洗剤水で水磨き の順で行います。
あまりキズも残る事無く、結構良い感じにツヤが出てるかなぁと思います(^.^)
image.jpg
タグ:模型製作
posted by 宮っ子 at 17:44| Comment(0) | アオシマ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月25日

アオシマ トヨタ86 製作日記 その3

お待たせしました。
今回は、内装関係の製作です。

image.jpg

まずは、インパネから。
よく出来てていて、特にスイッチ類のパーツが別になっているので、シルバーの飾り縁との塗り分けがしやすいです。
ただ、空調の吹き出し口が何か奥まった感じがするので、スタジオ27のエッチングパーツをエナメル塗料のクリアーで接着しています。
アクセルペダルは、量産型では形状が変更になっているので、長方形の形状に修正してから、ピンバイスで半分まで掘っておきました。あと、フットレストが省略されているので、エッチングパーツのフットレスト部品を追加しておきました。完成後の画像なので全然見えなくてすみませんm(__)m
ダッシュボード上のスピーカー部分は、ドアトリムの方みたいに、モールドがされていません。このままでは、何となくさみしい感じだったので、タミヤのカスタマーパーツのBRZのデカールを貼っておきました。


次は、その他の部分。

image.jpg

このキットは、フロアーをシャーシに先に取り付ける構造になっていて、フロアトンネル部分は空洞になっています。で、フロアトンネル部分はシャーシ側に塗装することになります。マスキングしてエアーブラシで塗装すするのが面倒だったので、エナメル塗料で筆塗りすることに(-。-;。ジャーマングレーにフラットブラックとフラットベースを調色して、後述のクレオスのジャーマングレー(フラットベースを加え、完全につや消しにした)に合わせました。
床とリアシート後部とトランク内部は前述のクレオスのつや消しにしたジャーマングレー。
それ以外のダークグレーの部分は、ジャーマングレーとセミグロスブラックを半々で調色し、レッドの部分は、クレオスのモンザレッド(たまたま手元にあったため)にフラットベースを加え、ハンドピースをやや離し気味にして吹きました。更にシートの真ん中をマスキングして、グレーの部分のみ半ツヤのクリアースプレーを軽く吹いています。
ドアレバー?はメッキになっているので、ミラーフィニッシュを貼っておきました。

タグ:模型製作
posted by 宮っ子 at 19:09| Comment(2) | アオシマ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする