2016年08月01日

タミヤ トヨタ86 制作日記 その4

ボディーにパールホワイトを吹き、1日乾燥させてからウレタンクリアーを吹きました。
3日間乾燥させてる間に、シャーシの制作に取り掛かりたいと思います。

今回は、友人にあげるので、ディスプレイケースの台座に固定しなくてはなりません。まずは、シャーシ3ヶ所に口径3mmのピンバイスで穴を開け、上側にエポキシ系接着剤でボルトを固定しました。

7CD4B442-382B-4F95-9438-CB4587199930.jpg

台座の上にシャーシを載せて、位置合わせをしてから、台座の方にも口径3mmのピンバイスで穴を開けました。

次は、シャーシの塗装です。まず、ホワイトサフを吹いてから、手持ちのクレオスの缶スプレーのホワイトパールを重ね吹きしました。ボディーと使用の塗料が違うけど、シャーシなんで、まぁ大丈夫でしょう。
それから、マスキングテープとマスキングゾルの格闘で、マスキングし終えるまでに2時間位かかりました(^_^;)

FC1EC6D5-FAF8-4AEA-800B-B9DAC8FF49B2.jpg

エアーブラシでブラックサフを吹き、それから、エナメル塗料のチタンシルバーを筆塗りしました。

53FDB06D-9A65-4543-9A7E-C4C5FD473F22.jpg

次に、リアサスの組み立てです。
ツヤありのブラックの缶スプレーを切らしてて無いので、ブラックサフを吹いてから、クレオスの半ツヤのクリアーを吹いて少しツヤを出しました。この方が実感的じゃあないですかねぇ?
ブレーキディスクは、ブラックサフ→クレオスシルバー→中心部をエナメル塗料のメタリックグレーを筆塗り→ディスク部にエッチングパーツをエポキシ系接着剤で貼り付けとしました。

CCCF9849-5CD7-4F07-B28C-20E5F74FE70D.jpg

今迄にも、多くの方々が指摘されてた様に、リアサスをそのまま接着すると、少し前寄りになってしまうので、リアサスを取り付けるダボ穴の後ろ側をリューターで削った上で、ボディーをかぶせてみて、位置決めをしましたけど、結構苦労しました(^_^;)

3DF188AF-87BC-40F4-BF0C-4EF69BDEB11A.jpg

後は、排気管とマフラーの取り付け前に、排気管はブラックサフ→タミヤ缶スプレーチタンシルバー、マフラーはブラックサフ→クレオスシルバーと変化を付けてみました。エナメル塗料のクリアーオレンジをドライブラシで擦り付けて、少しウェザリングをしようかなぁとも思っています。
取り付けは、瞬着でガッチリと固定しました。
それから、フロントアップライトとタイヤハウスとラジエーターを取り付けて、シャーシは完成です。

C1CD0D29-5FE1-4F62-9A55-0DCAEF2EEA6C.jpg






posted by 宮っ子 at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | タミヤ トヨタ86 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440647050

この記事へのトラックバック