2016年07月08日

アオシマ R34 GT-R 制作日記 その4

今回は、室内のフロントシートの小加工とラジエーターの交換です。
フロントシートの開口部をノミで穴を開けました。

F4125AC3-EA0D-4192-9FD8-79C84D794AA2.jpg

次に、ラジエーターの交換です。
既に、アオシマのR34 GT-Rを制作された事がある方は、お分りだと思いますが、元のラジエーターのモールドが貧弱なのと、後にアップしますが、ラジエーターグリルをエッチングパーツに置き換えることによりよく見えるので、ラジエーターパーツを複製したものに替えたいと思います。

まず、タミヤのR34 GT-Rのラジエーターパーツを、「型取りくん」で型取りします。

DD895AFE-8BE9-4673-8120-72831E71B727.jpg

次に、ポリパテを型に流し込み、乾燥後、整形します。

6F0E3D97-37F0-42AB-ABD5-882A35E81A46.jpg

削りカスをよく取り除き、ブラックサフ→クレオス8番 シルバーで塗装しました。

そのままシャーシに取り付けると、ボディーをはめた時に引っかかってしまうので、元のラジエーターのモールドを切り取り去ってから、取り付けました。

1630AB0E-A5CB-4E00-AB40-CF4AE4F0218A.jpg

あと、フロントブレーキのキャリパーに、タミヤのブレンボのロゴデカールを貼っておきました。

79A184D2-5BAF-4DB7-BB27-2348C0C04432.jpg


posted by 宮っ子 at 12:47| Comment(0) | TrackBack(0) | スカイライン R34GT-R | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする